読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮設トイレ工事屋さん 情報館

仮設トイレ工事屋さん情報を 収集、発信していきます。各種イベント情報の投稿、歓迎します。

YOUTUBE でドローン祭り!

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

(1)GOOGLEの歴史
   なつかしさ100倍の旅
www.google.com

(2)ドローン用の周波数帯域
   2.4ギガヘルツ帯と5ギガヘルツ帯の隣接周波数
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150310/

~~ここから~~

総務省は、産業分野やホビー分野でドローン(無人飛行機)の
利用が拡大していることに対応し、混信の防止や違法電波の
取り締まり強化を狙いに専用の周波数を割り当てる方針を固めた。
同時に、国内で欧米製や中国製のドローンが幅を利かせるなか、
周波数割り当てを国内メーカーによる機器開発の促進に
つなげたい考えだ。

総務省は12日に開かれる情報通信審議会の分科会に諮問し、
2015年度末に取りまとめる答申を踏まえて必要な
制度改正を行う方針。具体的には、現在、無線LAN
(Wi-Fi)で使用されている2.4ギガヘルツ帯と
5ギガヘルツ帯の隣接周波数をそれぞれ拡大し、
ドローン用の新たな周波数帯域を確保して混信を
避ける方法などを想定している。

~~ここまで~~




~~ここから~~

ドローン用の周波数帯域では必要に応じて
出力制限の緩和も検討する。Wi-Fiと
隣接して周波数を拡大することで、
Wi-Fi用機器の部品などが
応用できるため開発・製造コストを
削減できると判断した。

現行の輸入ドローンの多くが
2.4ギガヘルツまたは5ギガヘルツ帯を
使っているが、日本では大学発ベンチャー
開発している程度。周波数割り当てを機に
国内メーカーによる開発を促したい考えだ。

総務省によると、国内の産業用やホビー用などに
使われている数万円台のドローンは6万台程度と
推定される。東日本大震災以降、災害時の調査用や
警備用、測量用などビジネス分野での活用を目指す
企業が増えており、今後も普及拡大が見込まれている。

~~ここまで~~

帰省や旅行のほか、
ふらりと街を歩いてみたり、
自宅でのんびり過ごして日頃の疲れを癒したり……。
なんてことをやっている暇はないんだよな(笑)。

ゴールデンウィークの予定ややりたいこと、
思い出をブログ投稿してみよう!